マリガン

マリガン

マリガン(mulligan)とは、カードゲームで最初の手札が悪い場合に、特定の条件に従って引き直すことができるルールのこと。または、その引き直す行為のこと。

「ライブバトルカード ライブオン」では、1回のゲームにつき一度だけマリガンを宣言できる。マリガンを宣言した場合、最初の手札6枚を全て山札に戻してシャッフルし、新たに山札から6枚のカードを引く。

起源

もともとは、ゴルフのプライベートなラウンドで、ティーショットを失敗したときに同伴競技者の同意を得てペナルティなしで打ち直しができるルールのこと。その由来は諸説あり、David Mulliganというゴルフ好きのビジネスマンが遅刻の常習者で、あまりにティーショットを失敗するため、見かねた仲間からペナルティなしでの打ち直すことを認められていた、というものが広く知られているが、カラフルGOTOさんによると、その起源は古代中国にまでさかのぼるという。

~その昔、古代中国において、屈指の運のない男、馬家三代目『馬 李顔』(ま りがん)という人物が麻雀をしている時、配牌があまりにも悪かった為、「もう一度引きなおさせてくれ」と懇願したことが起源になったカードゲームのルールだということは言うまでも無い~
(民○書房刊『お願い、もう一回だけ』より抜粋)

というように、自分の一番最初の手札が悪かったときに、引きなおすことが出来るルールのことだ

no title

* はてなダイアリーキーワード:マリガン